募集

Topics

  • 令和3年7月27日 令和3年度新規課題公募「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、課題解決型廃炉研究プログラムの新規採択課題が決まりました。
    原子力機構のページへ
  • 令和3年7月21日 募集説明会(国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究)の動画を配信しました。
  • 令和3年7月12日 令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究)の公募を開始しました。
  • 令和3年7月1日 7/1(木)17:00をもって、令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)の公募は終了いたしました。
  • 令和3年5月17日 5/17(月)17:00をもって、令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、課題解決型廃炉研究プログラムの公募は終了いたしました。
  • 令和3年4月28日 募集説明会(国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)の動画を配信しました。
  • 令和3年4月23日 4/28(水)17:00より日英原子力共同研究の募集に向けて英国にてwebセミナーを開催しました。
  • 令和3年4月13日 令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)の公募を開始しました。
  • 令和3年3月30日 募集説明会の動画を配信しました。
  • 令和3年3月16日 令和3年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」のうち、課題解決型廃炉研究プログラムの公募を開始しました。 公募ポスター(PDF572KB)
     ※国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究)は5月予定から7月予定に変更となりました。
  • 令和3年3月16日 令和3年4月1日より「プロジェクトの実施のために雇用される若手研究者の自発的な研究活動等について(専従義務緩和)(PDF1.33MB)」制度が導入されます。
     ※申請に必要な様式は、こちら(WORD34KB)より、ダウンロードください。

令和3年度 国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究) ※募集中です。

プログラム名 テーマ 採択予定件数 実施経費
(1件当たり年間)
(間接経費を含む)
実施期間
国際協力型廃炉研究プログラム
(日露原子力共同研究)
(テーマ)先進廃炉科学研究
(Joint research on advanced nuclear decommissioning science)
2件程度 令和3年度1,000万円以内
令和4年度2,000万円以内
令和5年度2,000万円以内
令和6年度1,000万円以内
*

*本事業の契約期間は令和3年12月から令和6年12月31日まで、露国との共同研究期間は令和4年1月から令和6年12月31日まで

※令和4年度以降の予算状況等によっては、それ以降の各年度の実施経費の上限に変更が生じる可能性があります。
(注)研究経費は、研究に係る直接経費と直接経費の30%である間接経費で構成されます。ただし、JAEAが連携機関として参画する場合には、JAEA分の間接経費は計上できません。

※令和3年度から、若手研究者の専従義務を一部緩和する制度が導入されました。

※具体的な研究対象は、募集要項(PDF867KB)をご参照ください。
 また、申請に必要な様式は、こちら(WORD288KB)より、ダウンロードください。

(追記)
 令和3年7月14日 募集要項の差し替え実施:
 ・「3.応募対象機関」(5ページ)にある露国側の公募情報URL(https://minobrnauki.gov.ru/documents/?ELEMENT_ID=36647
 ・「申請書様式8(41ページ)」を修正

 令和3年7月20日 募集要項の差し替え実施:
 ・「Q&A(62ページ)」を修正

令和3年度 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究) ※募集は終了いたしました。

プログラム名 テーマ 採択予定件数 実施経費
(1件当たり年間)
(間接経費を含む)
実施期間
国際協力型廃炉研究プログラム
(日英原子力共同研究)
(テーマ)先進廃炉科学研究
(Joint research on advanced nuclear science including decommissioning relevant to Fukushima and Sellafield)
2件程度 2,000万円以内 3年以内

※予算状況等によっては各年度の計画額の上限に変動が生じる可能性があります。
(注)研究経費は、研究に係る直接経費と直接経費の30%である間接経費で構成されます。ただし、JAEAが連携機関として参画する場合には、JAEA分の間接経費は計上できません。

※令和3年度から、若手研究者の専従義務を一部緩和する制度が導入されました。

※具体的な研究対象は、募集要項(PDF923KB)をご参照ください。
また、申請に必要な様式は、こちら(WORD339KB)より、ダウンロードください。

令和3年度 課題解決型廃炉研究プログラム ※募集は終了いたしました。

プログラム名 採択予定件数 実施経費
(1件当たり年間)
(間接経費を含む)
実施期間
課題解決型廃炉研究プログラム 7件程度 4,000万円以内 3年以内

※予算状況等によっては各年度の計画額の上限に変動が生じる可能性があります。
(注)研究経費は、研究に係る直接経費と直接経費の30%である間接経費で構成されます。ただし、JAEAが連携機関として参画する場合には、JAEA分の間接経費は計上できません。

※令和3年度から、若手研究者の専従義務を一部緩和する制度が導入されました。

※具体的な研究対象は、募集要項(PDF1.55MB)をご参照ください。
 また、申請に必要な様式は、こちら(WORD192KB)より、ダウンロードください。

○本事業において積極的に利活用を推奨している研究施設の詳細

下記をご参照下さい。

○募集説明会

  • 国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究)の募集説明会を7/20(火)に開催いたしました。
  • 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)の募集説明会を4/21(水)に開催いたしました。
  • 課題解決型廃炉研究プログラムの募集説明会を3/24(水)に開催いたしました。
  • 3/24開催の募集説明会(課題解決型廃炉研究プログラム)のQ&Aを掲載いたします。 Q&A(PDF74KB)

〈オンデマンド配信〉

7/20開催の募集説明会(国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究))の動画を配信いたします。

4/21開催の募集説明会(国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究))の動画を配信いたします。

3/24開催の募集説明会(課題解決型廃炉研究プログラム)の動画を配信いたします。